FXにおすすめのAndroidアプリの選び方は?

AndroidアプリでFX

最近のFX業者はほとんどがAndroidに対応しているアプリをリリースしています。

 

そのため、どこのFX業者を選ぶのが自分にとって最適なのかイマイチ分かりにくいという方もいるでしょう。

 

そこでここでは、FXの為のAndroidアプリのおすすめの選び方を紹介していきたいと思います。

 

機能を把握する

FXの為のAndroidアプリはそれぞれのFX業者によって機能が異なります。そのため、自分にとって使いやすいと思える機能を搭載しているAndroidアプリを選ぶことをおすすめします。例えば、シンプルに取引だけできるAndroidアプリもありますし、パソコンのツール並みに充実したテクニカルチャートを搭載しているものもあります。また、口座管理を行ったり、入金や出金をアプリから申し込むこともできますし、なかにはマーケットニュースをリアルタイムでチェックすることのできるAndroidアプリもあります。

 

操作性は重要視したい

FXの為にAndroidアプリを選ぶときには操作性にも注目することをおすすめします。いくら高性能なAndroidアプリだからといって、使い勝手が悪い、操作性が悪いと取引でストレスが溜まってしまうことも。また、操作性と同じくらい大切なポイントとしてリアルタイムでの取引が可能なアプリを選ぶことをおすすめします。というのも、いくつかのFXのAndroidアプリはリアルタイム表示でないものもあり「ここだ!」と思ったときに注文をしたけれどスリッページが起こってしまったということも十分考えられます。

 

優れたものなら有料版も視野に

ほとんどのFXのAndroidアプリは無料で使用することのできるものとなっていますが、ある程度使い方がわかってきたり、もっと充実した機能を求めている場合は有料版のAndroidアプリもおすすめです。有料なだけあって機能が実に豊富だったり、無料版にはない特徴を持っているものも多いです。

 

チャート機能で選ぶAndroid向けFXアプリ

最近はどこのFX業者もパソコン並みの性能を持ったAndroid向けのFXアプリをリリースしています。Androidならではのスムーズな画面、大きな画面で快適に取引することができる、自宅にいなくても取引ができるということもあり人気を集めています。そんなFXのAndroid向けアプリを選ぶときにはチャート機能にも注目してみましょう。ただ単純に取引さえできれば良いという人にとってはそこまでチャート機能は必要ないかもしれません。しかし、中にはパソコンと同じようにテクニカルチャートを使ってより細かく分析しながら取引をしていきたいという人も多いはず。

 

それぞれのFX業者のAndroid向けアプリのチャート機能を比較してみると、対応しているテクニカルチャートに随分と違いがあることが分かります。

 

例えば、GMOクリック証券のAndroid向けFXアプリで使用可能なテクニカルチャートには「一目均衡表、ボリンジャーバンド、単純移動平均、指数平滑移動平均、平均足、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI」があります。これだけ見てみると、パソコン版の取引ツールと遜色無いほど充実していることが分かりますよね。

 

一方で、今一番勢いのあるFX業者と言っても過言ではないDMMFXのAndroidアプリをチェックしてみると、搭載されているテクニカルチャートは「移動平均線、平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、ストキャスティクス」となっています。もちろんこれだけでも十分なチャート機能が搭載されているわけですが、GMOクリック証券と比べてみると少し少ないですよね。

 

これからAndroid向けのFX取引ツールを選んでいくという方は自分の好みのテクニカルチャートを搭載しているアプリを探してみてください。

 

海外のFX業者もAndroidから取引できる?

FX業者があるのは国内だけではありません。海外にもたくさんのFX業者があり、これらを活用している方も多いものです。では海外のFX業者を利用するにあたって、取引環境がパソコンのみだと辛いという方も多いですよね。仕事の最中や外出中にもチェックしたい、取引のチャンスを逃したくないという方も大勢います。では海外のFX業者はAndroidで取引することができるのでしょうか。

 

実はほとんどの海外のFX業者がAndroid向けのFX取引アプリをリリースしています。海外のFX業者のAndroid向けアプリを選ぶときには、どのような機能が搭載されているのかというのはもちろんのことですが、意外と重要になってくるのが日本語でのサポート体制が整っているのかということです。例えば、日本をサポートのオンラインチャットを用意しているところが多く、万が一使い方が良く分からない、不明な点があるときにすぐに問い合わせができるのは心強いですよね。

 

また一部の海外のAndroid向けアプリにはMT4に対応しているものなどもあり、国内のAndroid向けアプリには見られないよな独自の機能を備えているものも多いです。ただしいくつかのアプリには詳細なチャート機能が搭載されていないものもありますので、このあたりは注意しておかなくてはなりません。国内のアプリのように充実したテクニカルチャートと一緒に取引ができるというアプリよりも、取引は取引の為のアプリ、チャートはチャートの為のアプリと目的に応じて使い分けていることも多いので注意が必要です。

AndroidアプリでFX

GMOクリック証券 株roid
高い操作性でスムーズに注文

PCと同期可能なウォッチリスト

どこでも最新のマーケット情報にアクセス

テクニカルチャートの種類も豊富

公式サイトへ

DMMFX for smart phone
インストール不要の便利な取引ツール

多彩な注文方法を搭載

いつでもマーケット情報をチェック

使い勝手のいいテクニカルチャート

公式サイトへ

ヒロセ通商 LION FX
デザインリニューアルで使い勝手のよさがUP!

シンプルなレイアウトでわかりやすい

アプリ内でクイック入金・リアルタイム出金が可能!

初期設定が優秀だからカスタマイズに手間いらず

公式サイトへ

FXプライム byGMO
魅力的なハイスピード注文

場所を選ばずどこでも取引可能

話題の「ぱっと見テクニカル」を搭載

11万ダウンロードを突破!

公式サイトへ

YJFX! Cymo
持ち歩けば急な為替変動にもすぐ対応

サクサク操作できるからスピーディー

タブ切り替えだから使いやすさ抜群

チャートのバリエーションが充実!

公式サイトへ